乃木坂46 - 悲しみの忘れ方 歌詞

乃木坂46 - 悲しみの忘れ方 歌詞

悲しみの忘れ方

乃木坂46

作曲:近藤圭一
作詞︰秋元康
発売日:2015年10月28日


乃木坂46 – 悲しみの忘れ方 Youtube 動画視聴 PV

乃木坂46 『悲しみの忘れ方』-Short Ver.-
歌詞

爽やかな風が吹いて
木々の枝 揺らしている
木漏れ日のその下を歩きながら思う
どんな道もきっと どこかへ続く

あの頃の 私たちは
今いる場所も わからずに
暗くて見えない道 星を探すように
胸の奥の夢を 手掛かりにしてた
辛いことも いっぱいあった
いくつもの坂 上った

迷ってるのは 私だけじゃないんだ
そばにいつだって 誰かいる
良いことひとつ 今日の中に見つけて
悲しみをひとつ 忘れようとしてきた

突然に鳴り響いた
雷に逃げ惑って
夕立に濡れながら 雲を見上げ思う
どんな雨もやがて 晴れ間に変わる

その時のあの彼女は
自分の居場所 無くしてた
みんなと逸れそうで心配をしたけど
探す声を聞いて道に戻った
喧嘩だって いっぱいしたよ
だから仲間になれたんだ

悩んでたのは 私だけじゃないんだ
逃げ出そうとした 何回も
諦めかけて 今日ちょっと頑張って
明日はそれ以上 頑張るのが希望だ

迷ってるのは 私だけじゃないんだ
そばにいつだって 誰かいる
良いことひとつ 今日の中に見つけて
悲しみをひとつ 忘れようとしてきた

思い通りに何も何も行かないけれど
それでも誰もが 前を向く
みんな同じだ 迷い悩み傷つく
悲しくなったらもっともっと泣こうよ

乃木坂46の歌詞情報

サヨナラの意味 / 乃木坂46
行くあてのない僕たち / 乃木坂46
白米様 / 乃木坂46
シークレットグラフィティー / 乃木坂46
オフショアガール / 乃木坂46
裸足でSummer / 乃木坂46
Threefold choice / 乃木坂46
低体温のキス / 生田絵梨花(乃木坂46)
太陽に口説かれて / 乃木坂46

0 Response to "乃木坂46 - 悲しみの忘れ方 歌詞"

コメントを投稿

広告上部

広告リンク

広告上部中央

広告下中央