TRUSTRICK - mint gum 歌詞

TRUSTRICK - mint gum 歌詞

曲名:mint gum
歌手:TRUSTRICK
アルバム:innocent promise
発売日: 2016年5月11日
レーベル: 日本コロムビア

TRUSTRICK 「mint gum」歌詞

作詞:神田沙也加
作曲:Billy

君が一つくれた mint gum の香り
少しずつ変化する 風に乗って 目に染みるよ

うつむく横顔のライン 盗み見る仕草は
新しいきっかけを 待ち侘びていたよね
苦しい

暮れ行く蒼が怖いから 裾を引き走る 横断歩道
涙を見せてしまえば
何か変わってしまうでしょ?
だから…

何か言おうとしても ねぇ どれも違う気がした
耐えられない無言を 破る小雨の音
見上げて

踏み切り前で通せんぼ
午後五時 刻むメトロノーム
ハードルみたいな安全バー
二つ並ぶコンバース
そうだよ
君も、そうなんだね
いちばん早く気付いたんだ
いつから君しか見てなかった?
誰も知らないくらい 前から

変わる事がなかった
今のこの景色も 笑った意味合いさえも
泣きたいくらいに…

夕凪 迫る濃紺に 五線譜描く電線交差
君へと続く点線が いつか 矢印になればいい

暮れ行く蒼が怖いから 裾口掴む 横断歩道
深呼吸
噛み締めた mint
季節は 言う
「同じだよ」
まるで何か始まるみたいに


広告上部

広告上部中央

広告リンク

広告下中央

広告