nano.RIPE - Snow Drop (スノードロップ) 歌詞 「食戟のソーマ 弐ノ皿」ED

nano.RIPE -  Snow Drop (スノードロップ) 歌詞 「食戟のソーマ 弐ノ皿」ED

新エンディング主題歌「Snow Drop」nano.RIPE
アニメソング : TVアニメ「食戟のソーマ 弐ノ皿」エンディング主題歌
歌手:nano.RIPE
作詞:きみコ
作曲:佐々木淳
編曲:nano.RIPE
発売日: 2016年8月3日

nano.RIPE - Snow Drop (スノードロップ) 歌詞 「食戟のソーマ 弐ノ皿」ED
スノードロップ(nano.RIPE)の歌詞

堰を切ったノドから手が出るほど欲しくなったんだ
ぼくじゃない別のだれか
夢と希望 他になにが要ると思えた頃のぼくは今いずこへ

長いものに巻かれて失った道標
生と死の狭間にはスノードロップが咲き乱れる
何かの間違いで砕け散ってしまったなら..
せめてぼくの抜け殻に花束を添えて

こんなもんかな? こんなもんでしょう?
諦めだと思われたって構わないけど
ぼくらしくない ぼくらしくない だれにだって創れるもんに価値はない

痕になった傷口をなぞりながら 呼び覚ますんだ
ぼくの深く眠るなにか
そんなもんがあればとっくのとうに
カメレオンみたいにこの世界に染まってる

死んだように生きている? 生きたように死んでいる?
生と死の狭間にあるスノードロップはそうキレイだ
何かの手違いで器用になってしまったなら
だれかぼくのこめかみを思い切り撃ち抜いて

もういいだろう? もういいでしょう?
ガラス越しの出来事に興味なんかない
正しくても間違いでもぼくはぼくから離れられない

もういいから もういいから 慰めだって赦せるなら楽になれるけど
間違いじゃない 正しくもない 答えがわからないから赦せない

諦めるくらいなら最初からやらないよ
スノードロップの中でもう一度真っ白に染まれ

ぼくとぼくよ

nano.RIPEの歌詞情報

虚虚実実/nano.RIPE
夜の太陽/nano.RIPE
ダイヤモンドダスト/nano.RIPE

広告上部

広告リンク

広告上部中央

広告下中央