広告

AKB48 - また あなたのことを考えてた 歌詞

AKB48 - また あなたのことを考えてた 歌詞

AKB48 新曲「また あなたのことを考えてた」
歌手:AKB48(ボーカルチーム)
作詞:秋元康
アルバム:シングル
収録:46thシングル 「ハイテンション」
発売日: 2016年11月16日


また あなたのことを考えてた(AKB48)の歌詞

また あなたのこと考えてた
窓の向こうを眺めながら
何かしてないとそういつのまにか
同じ景色に迷い込むの
どうにもならないと
わかっているでしょう
そんな自分をそっとなだめてる

人を好きになってしまうと
一日が短くなる
会いたいって思うだけで
日は昇り沈んでゆく

ため息をつくと運が逃げると
誰かからいつか言われたけど
胸に積もるこの切なさ
言葉にできない

また あなたのこと考えてた
きっとみんなに呆れられる
できることならばもう私だって
少しだけでも忘れたいよ
愛とか恋以外 夢中になれるもの
一つくらい何か見つけなきゃね

夜が来ても眠れないのは
心がつぶやくから
いろんな事を思い出して
天井を見上げている

明け方の夢はいつも浅くて
鳥たちの声にうつらうつら
夢の中で会えただけで
幸せになれる

また あなたのこと考えてた
窓の向こうを眺めながら
何かしてないとそういつのまにか
同じ景色に迷い込むの
どうにもならないと
わかっているでしょう
そんな自分をそっとなだめてる

さみしさが追いかけてくる
蒼ざめた東の空
目尻から流れている涙は
いつの日にか消えるのかな

もう あなたのこと考えない
きっと無理だとわかっている
それは叶わないそう願いなのに
ずっと頭を離れないよ

また あなたのこと考えてた
窓の向こうを眺めながら
何かしてないとそういつのまにか
同じ景色に迷い込むの
どうにもならないと
わかっているでしょう
そんな自分をそっとなだめてる


AKB48の歌詞情報

ハイテンション / AKB48
しあわせを分けなさい / AKB48
LOVE TRIP / AKB48
翼はいらない / AKB48
光と影の日々 / AKB48

 JPOP歌詞 | 新曲歌詞無料検索

広告