広告

鈴華ゆう子 - 雪時計 歌詞

鈴華ゆう子 雪時計 歌詞-yuko-suzuhana-yuki-tokei

鈴華ゆう子 新曲「雪時計」
歌手:鈴華ゆう子
作詞:鈴華ゆう子
作曲:鈴華ゆう子
アルバム:ミニアルバム
収録:1stソロミニアルバム「CRADLE OF ETERNITY」
発売日: 2016年11月23日

鈴華ゆう子 「雪時計」 Lyrics MV(Music video)
雪時計(鈴華ゆう子)の歌詞

夢の奥でね 見つめていたの
君のうつる 影法師の上
名前を呼ぶには照れ臭くて 手を伸ばし走った

明日会うのにただ"恋しい"と
口に出せず首を傾げて
今年は2人と願い込めて
澄んだ空 見上げる

オリオン座まで 届けるように
瞳閉じてそっと君を思う

雪花火 舞い上がり君の元へ
偶然の季節が愛映し出す
雪時計 時を刻み糸を繋ぐ
降り注ぐ軌跡が思い後押し

凍てつくほどの風のせいにして
ポケットの中で手を繋ぎ
全てを許してしまえるほど
そばに居て ほしくて

目覚めの朝を
あなたと迎えて
永遠に続く明日を捧げよう

雪花火 舞い上がり君の元へ
かじかんだ手を握りしめて欲しい
雪化粧全て染め心揺らす
運命の扉を開く言ノ葉

もうこれ以上
1人にしないで

雪時計 時を刻み糸を繋ぐ
偶然の季節が絆を寄せて
雪舞踏吹き乱れ2人包み
ハラヒラと音を奏で夢を描く

雪化粧 全て染め心揺らす
運命の扉を開く言ノ葉

鈴華ゆう子の歌詞情報

永世のクレイドル 鈴華ゆう子

歌詞-検索-歌-uta-lyrics-曲-ランキング-全文検索-歌詞表示-作詞-カラオケ

広告