広告

AKB48 - 奇跡のドア 歌詞

奇跡のドア - AKB48 - 歌詞

AKB48 新曲「奇跡のドア」
歌手:AKB48
作詞:秋元康
作曲:外山 大輔
アルバム:シングル
収録:じゃんけん民「逆さ坂」
発売日:2016年12月21日

AKB48 『奇跡のドア』MusicVideo Short Ver.
奇跡のドア(AKB48)の歌詞

奇跡のドアは誰が開ける?
悲しみの深い森に
光さえ遮られた鬱蒼と茂った木々の中
時代の雨風にさらされ 無残なほど朽ち果てて
その存在も忘れられた太古の夢の入り口

奇跡のドアは誰が開ける?
人々は噂してる
古い地図は残ってない 僅かな伝聞の信憑性
宝を求める者たちが目指したあの栄光は
すべて幻だったんだと学者は結論づけた

どんな願い事も
叶うなんて馬鹿げているよ
翼なくても飛べると言うのか?
可能性はゼロだ

僕らは諦めない
無駄なことだと言われても
暗闇を抜け 木の枝払いながら
傷つき血を流して
辿り着くまで探し続ける
走らなきゃ生きる意味は見つからない

最後の鍵を誰が掛けた?
不幸せ 閉じ込めたか?
希望なんか持つなよと神様が封印させたか?
世界は勝者と敗者とに いつの間にか分けられて
やがて何かに挑むことは一つの罪に問われた

ここで祈るよりも
街を捨てて旅に出るんだ
道で倒れるなら土の上がいい
アスファルトは嫌だ

誰にも止められない
自分の未来 信じたい
太陽のない 不安を走り抜ける
答えが出なくたって
手が届くまで 踵(かかと)下ろさず
全力で約束の地 見つけよう

ある日 ふいに
見つけたんだ
走ろうと前を向いた時
見たことないドア

僕らは諦めない
無駄なことだと言われても
暗闇を抜け 木の枝払いながら
傷つき血を流して
辿り着くまで探し続ける
走らなきゃ生きる意味は見つからない


リンク※
AKB48 | 公式サイト

AKB48の歌詞情報

逆さ坂/AKB48

 JPOP歌詞 | 新曲歌詞無料検索

広告