広告

CLOUD - バタフライ・エフェクト 歌詞

CLOUD - バタフライ・エフェクト 歌詞

CLOUD 新曲「 バタフライ・エフェクト」
歌手:CLOUD(クラウド)
作詞:猟平
作曲:猟平
アルバム:シングル
収録:5thシングル「バタフライ・エフェクト」
発売日:2017年4月12日


 バタフライ・エフェクト(CLOUD)の歌詞

「一羽の蝶の羽ばたきが、花を舞い、目を晦ます
路上で倒れこむ僕、立ち止まる君」

散々な過去を持つ 月明かりすら睨み
人生にしおりを挟んだ淡い記憶

あの瞬間へ 少しだけメスを入れられたら 今は…

さあ 時を超えて 君を過去へと 迎えに行くよ
必要なものなど無いから 傷をリライトしよう
「バタフライ・エフェクト」

無限の分岐点 右左どっちを選ぶ?
神様託された 片道切符

何もかも失ったそう思う瞬間さえ
未来の操縦権は残っているだろ

一度の後悔も経験しないような後悔なんて
バイバイ

今見上げた空 偽りのない雲と星屑達が
僕に微笑みかけるよ 気付いた時はもう
禁断のカルマへ

もし僕が世界中を創造して
イヴとアダムをこの世に産んだなら
ひとつだけヒントを教えよう
今の道程こそが「…今だ」

さあ始まりの日 今日が人生の最終更新日だから
過去に媚びる俺はもう居ない
二度とリライトすることはない
最高の人生

死に際の札束みたく、価値のない過去に向かい合って
泣きながらこの夜を使い果たすのはもうやめよう
前向きになろうとしてるのに前がわからなくたって
進メヨ人生 それも遅くはない

痛み苦しみに悲しみが重なり降り掛かろうとも
僕はまだここで存在を証明したいから

君と出会えたこと
それが全ての証だよ


CLOUDの歌詞情報

エルゴ領域/CLOUD
息吹/CLOUD
NEVER ENDING STORY/CLOUD

 JPOP歌詞 | 新曲歌詞無料検索

広告