広告

斉藤和義 - はるかぜ 歌詞

斉藤和義-はるかぜ-歌詞

斉藤和義 新曲「はるかぜ」
サントリー「鏡月」CMソング
歌手:斉藤和義
作詞:斉藤和義
作曲:斉藤和義
アルバム:シングル
収録:シングル「はるかぜ」
発売日:2017年4月12日


はるかぜ(斉藤和義)の歌詞

人波夕闇春風は君の色
揺らめく 街の灯 肩先が触れる音

悲しいことが 君から消えますように
素敵な事が 君に起きますように

気まぐれな唇 僕を戸惑わせる
真っすぐな瞳に 僕は吸い込まれる

ぼんやり三日月 見送る終電の音
言葉にならずに 春風に吹かれてる

寂しい夜が 君から消えますように
素敵な事が 二人に起きますように

君を抱きしめたい くちびるに触れたい
君のそばにいたい 心は誤魔化せない

探している 特別な言葉
見つからずに ただただ 春風

寂しい夜が 君から消えますように
素敵な事が 二人に起きますように

君を抱きしめたい くちびるに触れたい
君のそばにいたい 心は君でいっぱい

悲しい出来事が 君から消えますように
素敵な出来事が 二人に起きますように

斉藤和義の歌詞情報

遺伝/斉藤和義

 JPOP歌詞 | 新曲歌詞無料検索

広告