広告

nano.RIPE - ダイヤモンドダスト 歌詞

nano.RIPE - ダイヤモンドダスト 歌詞

nano.RIPE 新曲「ダイヤモンドダスト」
歌手:nano.RIPE(ナノライプ)
作詞:きみコ
作曲:きみコ・佐々木淳
アルバム:シングル
収録:17thシングル「夜の太陽」
発売日:2017年4月29日

nano.RIPE - ライブ会場限定CD「夜の太陽」 - 先行試聴動画
ダイヤモンドダスト(nano.RIPE)の歌詞

永遠はないんだってかしこまって繰り返すけど
当然さぼくだってそんなことくらいわかってるよ

遺されるなら遺したいんだ 身勝手だけど
キレイゴト纏って逝かせてよね 結末くらい

眠ることがヘタクソなぼくは星になれずに
向こう側に意味を探した

一生分の星空が小さなこの町を覆う頃
ぼくのココロはちょっと剥がれて夜の真ん中で舞うんだろう
目を閉じたら赦しておくれ 永い永い眠りに就くよ やっとぼくも

どうやって歩いたって細胞はいつか消えてしまうよ
キオクが伴って逝けるほどに賢くはない

いつもの癖で強がりなきみが雨に紛れて
泣かないように空を選んで

一生分の青空が小さなこの町を覆う頃
ぼくのカラダはやっと砕けて夜の幕切れに舞うんだろう
輝いたら笑っておくれ 星よりキレイに瞬くダイヤになる

一生分の青空は一生この町に来ないよと
曇り始めた空を見上げてきみは得意げに言うんだ

一生分の雨空を小さなこの町に集めるの
雨に紛れてずっと泣くから ずっとずっとずっと泣くから
泣き疲れたら笑ってみせて 涙が昇ってぶつかってダイヤになる

nano.RIPEの歌詞情報

夜の太陽/nano.RIPE
Snow Drop/nano.RIPE

 JPOP歌詞 | 新曲歌詞無料検索

広告