広告

ウソツキ - 惑星TOKYO 歌詞

ウソツキ-惑星TOKYO-歌詞

ウソツキ 新曲「惑星TOKYO」
歌手:ウソツキ
作詞:竹田昌和
作曲:竹田昌和
アルバム:フルアルバム
収録:2ndフルアルバム「惑星TOKYO」
発売日:2017年4月12日

ウソツキ 『惑星TOKYO』MusicVideo
惑星TOKYO(ウソツキ)の歌詞

この星に上陸をして
どれくらいの時間が過ぎたのか
諦めと疲れを混ぜて
吐いた息を空に滲ませた

故郷の星も見えなくなって
もう帰ることも出来なくなった
持ってきたはずの夢や希望も
いつのまにか見えなくなった

僕が憧れたあの日見た東京は
僕が憧れたあの日見た理想郷は
確かに輝いてて
手を伸ばして掴もうとした
まだ目を閉じてみれば
輝いてるんだ

この星の住人たちは
どいつもこいつも
エイリアンばかりで

言葉も趣味も合うわけないよな
だって自分も立派なエイリアン
遠くから見ていたあの頃は
あんなに輝いて見えたのに

僕らは探してるあの日見た東京を
僕らは探してるあの日見た情熱を
見えづらくなったって
この星は輝いてる
そう信じていなくちゃ
やってられないんだ

応答どうぞ
こちら惑星東京
応答どうぞ
こちら惑星東京
聞こえていますか?
あの日の僕へ
聞こえていますか?
僕はなんとかやってます

応答どうぞ
こちら惑星東京
お前が夢見た
ここは惑星東京
聞こえていますか?
こちら惑星東京
応答どうぞ
こちら惑星東京

どんなに探しても理想郷はないし
僕が夢見てた本当の東京は
すぐ近くにあったんだ
僕の中で光ってた
ほら僕が見ていたのは
この光なんだ


ウソツキの歌詞情報

本当のこと/ウソツキ

 JPOP歌詞 | 新曲歌詞無料検索

広告