広告

朝倉さや - 茶の間に帰る 歌詞

茶の間に帰る - 朝倉さや - 歌詞

朝倉さや 新曲「茶の間に帰る」
歌手:朝倉さや
作詞:朝倉さや
作曲:朝倉さや
アルバム:シングル
収録:シングル「そのままの笑顔でいて」
発売日:2017年7月5日

朝倉さや 「茶の間に帰る」Vocal & Acoustic Guitar ver【民謡日本一】
茶の間に帰る(朝倉さや)の歌詞

鏡の前にならんでみる 不思議なくらいに
だんだん似てくる顔や声 ねこっ毛なとこも

最近はゆっくり話ができる時間も少なくなってきたね
身長の差こんなにあったかな
いくつになっても何年たっても 変わらない愛がここにある
帰れる場所があるから どこへだって行けるんだ

心配されることに反抗した日や
優しさに気がつけない様な時もあったけど

嬉しい時は一緒に笑って 悩んだ時も一番近くで
諦めないでいてくれたこと
過ごした日々を思い出すたび 心がふんわりあったかいのは
沢山の愛情をもらったんだと感じるから

最近はゆっくり話ができる時間も少なくなってきたけど
心はそばにいるよこれからも
生んでくれて育ててくれて どんな時も愛してくれて
「宝物だから」って やさしい笑顔にありがとう


朝倉さやの歌詞情報

そのままの笑顔でいて/朝倉さや
ただいま-moubangedadorya-/朝倉さや

広告