広告

10-FEET - 少し眠っていたんだ 歌詞

10-FEET - 少し眠っていたんだ 歌詞

10-FEET 新曲「少し眠っていたんだ」
歌手:10-FEET
作詞:TAKUMA
作曲:TAKUMA
アルバム:シングル
収録:17thシングル「太陽の月」
発売日:2017年7月19日



少し眠っていたんだ(10-FEET)の歌詞

あぁ また少し眠っていたんだ(眠っていたんだ)
夕暮れ時の静かな部屋に一人で
あぁ あれから今日まで(今日まで)
何度も何度も思い出して 何度も何度も忘れたんだ

それぞれの喜びを探し続けて 道は分かれ 時は過ぎて
それぞれの寂しさも欲望も痛みも 少しずつ少しずつ あぁ

あなただけにしか見えないような(見えないような)
悲しさ寂しさがきっとあって(きっとあって)
僕がもう少しいい奴なら(いい奴なら) 気付けたかな
馬鹿なふりをした優しさも(優しさも)
無理やり怒った優しさも(優しさも)
僕がもう少しだけ あと少し気付けたなら

あぁ また少し眠っていたんだ(眠っていたんだ)
夕暮れ時の静かな部屋に一人で
あぁ あれから今日まで(今日まで)
何度も何度も思い出して 何度も何度も忘れたんだ

それぞれの喜びを探し続けて 道は分かれ 時は過ぎて
ここにいる意味なんてないと嘆いたことも 少しずつ少しずつ あぁ

逆立つ愛の感情は(感情は)
卑しさ寂しさが映し出して(映し出して)
忘れることや冷たさで(冷たさで) 隠せたなら
辿り着けると思ってたんだ(思ってたんだ)
Going Going 遠いよ 本当は(本当は)
溢れてる優しさも 作り出した優しさも


10-FEETの歌詞情報

月 ~sound jammer せやな~/10-FEET
太陽4号/10-FEET
ヒトリセカイ/10-FEET
火とリズム/10-FEET
アンテナラスト/10-FEET

 JPOP歌詞 | 新曲歌詞無料検索

広告