広告

神様、僕は気づいてしまった - 僕の手に触れるな 歌詞

神様、僕は気づいてしまった - 僕の手に触れるな 歌詞

神様、僕は気づいてしまった 新曲「僕の手に触れるな」
歌手:神様、僕は気づいてしまった
作詞:東野へいと
作曲:東野へいと
アルバム:ミニアルバム
収録:1stミニアルバム「神様、僕は気づいてしまった」
発売日:2017年7月26日



僕の手に触れるな(神様、僕は気づいてしまった)の歌詞

自分を否定したとして それすら自分の声だ
異論さえ問えやしなくて 僕は僕が嫌いんなった
赦しを乞うにしたって 独りじゃ叶いっこないさ
不甲斐ない救いにさえも この手で蓋をしていた

塞ぎ込んだ命をどうか 誰か拾ってくれやしないか
錆び付いた口は開かない

ドンタッチマイハンド 見え透いた本性と絶交して
敗北を歌う 人生のはずだった
ドンタッチマイハンド そうやって手を取って優しくしないでよ
偽った自分が 散り散りになってしまうから

無用になってしまった 僕の未来ってやつは
向かい駅ホームでとうとう 窓と窓越しに消えた
終わっちゃいないって言うが 始まってすらいないさ
うざったいくらいの愛を ゴミ箱へ今日も投下

笑えない現実が増えて 笑われる事に慣れてきた
懲役何年の罰なんだ

ドンタッチマイハンド せいぜい欠落感を患って
敗北を喰らう 病人のはずだった
ドンタッチマイハンド そうやって手を取って優しくしないでよ
頬の上を伝った 酷い傷を見してしまうから

ドンタッチマイハンド 幸か不幸か思考は生きていて
何回だって 脈打つ声の先へ
ドンタッチマイハンド こうやって地を這って名前を呼ぶ方へ
全身を抉った

ドンタッチマイハンド 見え透いた本性と絶交して
敗北を歌う 人生のはずだった
ドンタッチマイハンド そうやって手を取って優しくしないでよ
感情を知って 弱い僕になってしまうから

ドンタッチマイハンド 酸欠の心臓を一瞬で
吹き返すくらいの 体温と擦れ違った


神様、僕は気づいてしまったの歌詞情報

天罰有れかしと願う/神様、僕は気づいてしまった
わたしの命を抉ってみせて/神様、僕は気づいてしまった
宣戦布告/神様、僕は気づいてしまった
CQCQ/神様、僕は気づいてしまった
大人になってゆくんだね/神様、僕は気づいてしまった
だから僕は不幸に縋っていました/神様、僕は気づいてしまった

広告