広告

神様、僕は気づいてしまった - 天罰有れかしと願う 歌詞

神様、僕は気づいてしまった - 天罰有れかしと願う 歌詞

神様、僕は気づいてしまった 新曲「天罰有れかしと願う」
歌手:神様、僕は気づいてしまった
作詞:どこのだれか
作曲:どこのだれか
アルバム:ミニアルバム
収録:1stミニアルバム「神様、僕は気づいてしまった」
発売日:2017年7月26日



天罰有れかしと願う(神様、僕は気づいてしまった)の歌詞

希望 誹謗中傷
訴訟 詐称 被害者
大中小 救いもない被験者 観衆前
願うほど未来などない 未来などないんだ

希望と2つ3つ叶いやしない理想を想像して
両手を合わせて祈っている
誰かの描いた 誰かの都合いい造形

貴方の名前は何

壊してしまえ
夢の見間違いに未来などないのだ
壊してしまえ
愛のかけ違いに縋ってしまうというなら
天罰を
この身に余るくらい果てしない罰を
下してよ なあ僕を叱ってくれ

順番待ちの人波を肩で押しのけて
今日も明日行きの最終便に僕は乗った

もしもこの僕が神様だったら
全て振り落とし 引きずりまわすだろう

壊してしまえ
この出来損ないは答えやしないのだ
壊してしまえ
人が成り代わった人非ざる全てに
天罰を
この身に余るくらい果てしない罰を
下してよ 其処にいるなら

壊してしまえ
明日の行き違いに未来などないのだ
壊してしまえ
愛のかけ違いに縋ってしまうというなら
天罰を
この身に余るくらい果てしない罰を
下してよ なあ僕を叱ってくれ

もういいだろ なあ僕を叱ってくれ


神様、僕は気づいてしまったの歌詞情報

僕の手に触れるな/神様、僕は気づいてしまった
わたしの命を抉ってみせて/神様、僕は気づいてしまった
宣戦布告/神様、僕は気づいてしまった
CQCQ/神様、僕は気づいてしまった
大人になってゆくんだね/神様、僕は気づいてしまった
だから僕は不幸に縋っていました/神様、僕は気づいてしまった

歌詞-検索-歌-uta-lyrics-曲-ランキング-全文検索-歌詞表示-作詞-カラオケ

広告