広告

欅坂46 - 東京タワーはどこから見える? 歌詞

欅坂46 - 東京タワーはどこから見える? 歌詞

欅坂46 新曲「東京タワーはどこから見える?」
歌手:欅坂46
作詞:秋元康
作曲:本田光史郎
アルバム:フルアルバム
収録:1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」
発売日:2017年7月19日



東京タワーはどこから見える?(欅坂46)の歌詞

この歩道橋 渡る途中
東京タワー見えなかったっけ?

あの頃の僕は勘違いしてたよ
世界のそのすべて見てると自惚(うぬぼ)れた
君が少しだけ前髪を切っても
誰より先に僕は気づいた
(言い訳みたいに)

愛は流されやすく
気まぐれで(勝手なもの)
寂しさが溢(あふ)れるから
そばにいて欲しいよ
都合いいかな

記憶の断片を
真実より美しく補正して
そんなこともあったと
いつの日か語りたい
残酷なくらい
ありのままの現実を見せようか?
(悲しくなる)
僕たちの別れと
答え合わせをした未来

正面の空に 確か東京タワー
僕らと並んで立っていた気がした
別のロケーションと勘違いしたのか
帰りの商店街の道
(僕の思い込み)

誰も悪くはないと
言いたくて(ただの運命)
ここからは見えなかった
愛が今 浮かんだ
幻みたいに

確かにこの腕
抱きしめてた君だけは嘘じゃない
振り返れば美化され
飾られた昔でも…
自分で何度も
書き直した思い出が切なくて…
(いつの間にか)
偽りはどこかが
わからなくなってしまった

愚かな結末

記憶の断片を
真実より美しく補正して
そんなこともあったと
いつの日か語りたい
残酷なくらい
ありのままの現実を見せようか?
(悲しくなる)
僕たちの別れと
答え合わせをした未来


欅坂46の歌詞情報

月曜日の朝、スカートを切られた/欅坂46
沈黙した恋人よ/欅坂46
猫の名前/欅坂46
危なっかしい計画/欅坂46
君をもう探さない/欅坂46
AM1:27/欅坂46
永遠の白線/欅坂46
太陽は見上げる人を選ばない/欅&けやき坂組(欅坂46)
100年待てば/長濱ねる(欅坂46)
ここにない足跡/青空とMARRY(欅坂46)
自分の棺/平手友梨奈(欅坂46)
夏の花は向日葵だけじゃない/今泉佑唯(欅坂46)
少女には戻れない/五人囃子(欅坂46)
1行だけのエアメール/ゆいちゃんず(欅坂46)
バレエと少年/156(欅坂46)

歌詞-検索-歌-uta-lyrics-曲-ランキング-全文検索-歌詞表示-作詞-カラオケ

広告