広告

vivid undress - ウララ 歌詞

vivid undress- ウララ 歌詞

vivid undress 新曲「ウララ」
歌手:vivid undress
作詞:kiila
作曲:kiila
アルバム:シングル
収録:3rdミニアルバム「ENDLESS」
発売日:2017年7月5日

vivid undress「ウララ」 Music Video
ウララ(vivid undress)の歌詞

ずっと寂しくて満たされないんだ
君は今どこで何をしてる?

夕暮れに染まった下北沢
見慣れた景色に移ろう影
興味のない曲で耳を塞いで
次のバイトを探す

君が出ていった 一人の部屋
なぜか少しだけ ほっとしている
興味のない曲を口ずさんでいる私は
誰だ?

麗ら 春と君の香り
優しく頬を触った
あれから随分この街も
変わってしまったよね

騒がしくなってく商店街
呼び出したのは年下の子
あんまり強くないの?って言って
飲み干した烏龍ハイ
…吐きそうだ。

麗ら 君に似てる人と
すれ違った気がした
あれから随分私たち
変わってしまったよね

ねぇねぇ教えて 秘密にした願い
繋いだ手と手 握りしめたあの日
ねぇねぇ教えて あの頃の私たち
ちゃんと居たかな… 幸せだったかな……?

「春は君の匂い」

変わらないでいたかったな…
なんて零して 冬を探した
今更だけど私たち
いい恋をしてたなぁ

uh,lala…
相変わらず歌を歌った
まるで君がいなかったような
変わってくこの街で


広告