広告

Kalafina - カンタンカタン 歌詞

カンタンカタン-歌詞-Kalafina

Kalafina 新曲「カンタンカタン」
歌手:Kalafina(カラフィナ)
作詞:梶浦由記
作曲:梶浦由記
アルバム:シングル
収録:シングル「百火繚乱」
発売日:2017年8月9日



カンタンカタン(Kalafina)の歌詞

こんなに晴れ渡る
九月の眩しさ
ココロは空っぽ

沈んで行くような
重たいカラダを
手放してみる

カンタンだった夢の世界が
僕らに背を向ける時に
カタカタと揺れる汽車の窓から
瞳だけを空に放つ
青空の向こう

カラッポの時間を
軋むレールの声が
どこまで運ぶ
未来とかじゃなくて
ただ遠いだけの
場所に行きたい

淡々とリズム
感情が溶けて
止まっている身体だけを
カラカラと廻る車輪に乗せて
名前のない蒼い街へ
運ばれて行くよ

時を走る汽車の中
カタンカタン
カンタンに流されて雲だけが光る
空っぽのココロに何かカタンカタン
ひからびた午後に響くエコー

重たく抱え込む
キボウという荷物を
今日は置いて来た
燦々と降り注ぐ
秋の一日が
ただここにある

透明な景色
風がふわふわ
重さの無い街を過ぎる
モノクロ映画を闇の中から
見つめるような
淡いだけの
眩しさを抜けて

眠たい汽車は進むよ
カタンカタン
簡単にどこまでも行ける気がしてる
カラッポの筈のココロが
カタンカタン
何かが一つ溢れて落ちた

時を走る汽車の中
カタンカタン
簡単に何処までも行けたらいいのに
雲が消えたら空はただ青くて
とても奇麗な
いちにちだったね


Kalafinaの歌詞情報

百火繚乱/Kalafina
とんぼ/Kalafina
into the world/Kalafina

広告