片想いの入り口 / STU48 の歌詞

Kataomoi-no-iriguchi-STU48の歌詞

STU48 新曲「片想いの入り口」
歌手:STU48
作詞:秋元康
作曲:飯田清澄
アルバム:シングル
収録:1stシングル「暗闇」
発売日:2018年01月31日

STU48 新曲「片想いの入り口」1stシングル「暗闇」
片想いの入り口(STU48)の歌詞

教室から何が見える?
真っ青な空か?雲か?地平の彼方
春の風は吹いてるか?
彼女はそこにいるのか?
片想いの入り口

クラス替えしてC組の僕は
彼女の様子がわからない
会えなくなって やっと気づいた
その興味とは 好きだってことだ

気のせいか 声が聴こえたような…
渡り廊下 走っていたような…
いつだって 彼女 探そうとして…
そばにいるとただの友達でも
離れた分 過敏になってる
恋の気配 急に感じているよ

校庭には何が見える?
新しい風に揺れる枝の蕾よ
あの日のときめき 入学式
デジャヴュみたいな桜の木
切なく悲しく遠く
何をしていても気になってしまうんだ
こんなはずじゃなかったのに…
彼女はどこにいるのか?
片想いの入り口

同じ校舎で学んでるのに
僕らは逸れてしまったよ
会えないことがこんなに辛いって
今までずっと思わなかったんだ

なぜこんなに胸が苦しいんだろう
クラスメイトの一人だったのに…
振り向いた彼女 思い出すんだ
斜め前の席に座っていた
その存在 当たり前過ぎて
異性として気にも留めなかったよ

教室から何が見える?
カーテンがふわり舞って邪魔をしている
誰かが開けた窓のせい
紛れ込んだ犬が鳴く
心に何が見える?
純粋な愛か?期待?願望なのか?
僕の風は吹いてるか?
彼女は何も気づかず…
いつのまにか入り口

朝早い通学路
偶然 十字路で出会った
久しぶり 一言が
なぜか言えずにぎこちなく
半分微笑む

校庭には何が見える?
新しい風に揺れる枝の蕾よ
あの日のときめき 入学式
デジャヴュみたいな桜の木
切なく悲しく遠く
何をしていても気になってしまうんだ
こんなはずじゃなかったのに…
彼女はどこにいるのか?
片想いの入り口


STU48の歌詞情報

非全力/STU48
暗闇/STU48
瀬戸内の声/STU48
僕たちはシンドバッドだ/STU48
誰かがいつか 好きだと言ってくれる日まで/STU48

広告上部

広告リンク

広告上部中央

広告下中央