わたしはわたしのためのわたしでありたい / ヒグチアイ の歌詞

わたしはわたしのためのわたしでありたい-ヒグチアイ-歌詞

ヒグチアイ 新曲「わたしはわたしのためのわたしでありたい」
歌手:ヒグチアイ
作詞:ヒグチアイ
作曲:ヒグチアイ
アルバム:フルアルバム
収録:2ndフルアルバム『日々凛々』
発売日:2018年06月20日

ヒグチアイ / わたしはわたしのためのわたしでありたい
わたしはわたしのためのわたしでありたい(ヒグチアイ)の歌詞

彼氏いたってお金あったって
つらくなることないですか?
世界で一番わたしが
不幸だって思ってもいいですか?

なにが不満だって 言えないよわかって
誰のせいでもないんだよ
呪いみたいに縛られて
寝ても覚めてもいつも夢の中

ハードルを高く高く決めたの
絶対下げたくない
傷はいつかを 思い出す鍵だ
なんども転べ

誰もいない街 誰も見てないステージ
踊り続けられるだろうか
擦れたかかと 引き摺って
それでもまわるまわる
誰もいない道 誰もくれないトロフィー
走り続けられるだろうか
わたしのために わたしのための
わたしでわたしでありたい

かわいくたって頭良くたって
つらくなったっていいですか
憧れとごちゃまぜにして
話合わせに語る夢じゃない

ねえどうか今を最高地点と
決めつけないでいて
旗は立てるな 大きく振れよ
風を味方に

誰もいないベンチ 誰もいない客席
削り続けられるだろうか
厚くなった手のひら
信じて 進め 進め
誰もいない未来 誰も知らないストーリー
描き続けられるだろうか
わたしのために わたしは生きるの
つらいなら、こわいなら、大丈夫

しあわせの数 増えて見つけた
ちいさなかわいい家
これが全てだ そう言った友よ
しあわせでいて

誰もが背を向け 誰からも忘れられて
いつか来る日がこわいけど
誰でもないわたしがわたしを覚えている
強く強く

誰もいない街 誰も知らないメロディー
うたい続けると誓うよ
わたしのために わたしのための
わたしでわたしでありたい
わたしでわたしでありたい
わたしでわたしでありたい


ヒグチアイの歌詞情報

ぼくとおばあさん/ヒグチアイ

広告上部

広告リンク

広告上部中央

広告下中央