季節のせいにしたくはない / HKT48 の歌詞

hkt48-Kisetsu-no-Sei-ni-Shitaku-wa-Nai-lyrics

HKT48 新曲「季節のせいにしたくはない」
歌手:HKT48
作詞:秋元康
作曲:三日市吉陽
アルバム:シングル
収録:11thシングル「早送りカレンダー」
発売日:2018年05月02日


季節のせいにしたくはない(HKT48)の歌詞

少し早くないか 向日葵(ひまわり)の花
そんな生き急いじゃもったいないよ
太陽をいつでも探してただろう?
夏がやって来るのはまだまだ先だ

長雨の後のアパートの壁
まだ残ってる染みが何か言いたげで
鉄骨の階段 カタカタ降りる
僕の足音 聞いているか?

季節のせいにしたくはないけど
抱き合った回数も減ってしまった
湿度が高く ジメジメとして
僕たちの関係もカビが生えた

早く花が咲けば 早く枯れてく
先に夢を見るか 後で想うか?
僕たちはあんなに愛し合ったし
儚(はかな)くも美しく散って行くんだ

つけっ放しのテレビが伝えているよ
天気図の上では梅雨が明けると…
確かに青空は見えているけど
悲しみなんて消えるものか

季節が過ぎてようやく気づく
本当に大切なその何かとは?
凍える冬も憂鬱な春も
見送って 淡々と暮らすことだ

冷蔵庫のカレンダーは
ずっと先に印がある
守られない約束なんて
全然 意味などないよ

季節はいつも風に託して
置き去りのしあわせを教えてくれる

季節のせいにしたくはないけど
抱き合った回数も減ってしまった
湿度が高く ジメジメとして
僕たちの関係もカビが生えた


HKT48の歌詞情報

早送りカレンダー/HKT48
Just a moment/幸せDAパンケーキ(HKT48)
会いたくて嫌になる/やっぱりみたらし団子(HKT48)
僕の想いがいつか虹になるまで/さくらはなみく(HKT48)

広告上部

広告リンク

広告上部中央

広告下中央