君と僕とアクロス・ザ・ユニバース / Qyoto の歌詞

Qyoto-kimitoboku-to-across-the-universe-lyrics-mv

Qyoto 新曲「君と僕とアクロス・ザ・ユニバース」
ドラマ『はんなりギロリの頼子さん』主題歌
歌手:Qyoto
作詞:Qyoto・+d
作曲:Qyoto・宮崎諒・須藤智之・+d
アルバム:シングル
収録:シングル「君と僕とアクロス・ザ・ユニバース」
発売日:2018年05月08日


君と僕とアクロス・ザ・ユニバース(Qyoto)の歌詞

『恋』と『愛』の間には
どれほどの距離があるの
すぐに 僕は 駆け出して
確かめてみたくなる

いつも 僕等 答えを
ひたすらに探し続け
きっと もっと 肝心な
過程に気付かない

君が見せる笑顔は甘酸っぱい
ただそっけないんだと思っていた
今日は土砂降りでも明日は晴れる
空模様みたいな関係

君と僕とアクロス・ザ・ユニバース
地球儀から飛び立って
いつだって君が好きって言える
自分でいたい
何もない街も楽しくて
生きている意味が『君』になって
ミステリアスな行き先に逢いに行こう

太陽のような笑顔の
キミをただ遠くから
見てた臆病な僕は
いつも雨模様

僕は恋のパズルを
デタラメに解き続けて
Too late 本当の答えは
未だわからない

君といる瞬間が楽しくて
いつも過ぎ去っていくのが惜しくて
世界のリモコンがあれば今すぐに
一時停止したい

君と僕とアクロス・ザ・ユニバース
見えない電波に乗っかって
二人の境界線を 飛び越えたい

雨上がりの歩道橋で
数えた昨日に Say Good Bye
「君が好き」
今大声で叫ぼう

日々違う感情に 振り回されて
すれ違っても 七色の世界は 回り始める

君と僕とアクロス・ザ・ユニバース
虹の光に乗っかって
二人の心の距離を 旅したい

何もない街も楽しくて
生きている意味が『君』になって
ミステリアスな行き先に逢いに行こう

広告上部

広告上部中央

広告リンク

広告下中央

広告